無料ブログはココログ

ウィジェット

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

パセリ#2&シソ?

Img_1226 Img_1227

☆パセリの芽が急にパセリになってきます。不思議です。

シソの種なども適当にばら撒いたので処理は大変。ちゃんとしないといけません。

パセリやらシソやらその他やら、いろいろ混ざってるようです。

パセリ?

Img_1224

パセリのはずですが凄く芽が出て。どう処理していいものか?

とんかつ!

Img_1218_1

☆日曜日は庭でとんかつ揚げて。

揚げ物は家で揚げるとできあがったころはあまり食欲が湧かなくなったりします。

野外で揚げるのはいいですよ。てんぷらなんか外で揚げるといいカンジ!

Img_1220

月曜のトマト。きれいな姿です。

なつかしのロックな話#13?

☆カーティスメイフィールドの渋いライブ、だれか持ってないでしょうか?

もちろん生で見たことはないけど、5,6人で地味に演奏するライブ、あったはずです。

コンガかなんか叩きながら歌って。

渋い渋い渋いライブ。だれか教えて。

☆24丁目バンド?

☆なつかしのロックな話#12?

☆だれか24丁目バンドを見たでしょうか?

アルバム一枚しか出していないとおもいますが。

ニューヨークの24丁目のスタジオミュージシャンのバンドです。(ほんとに24丁目かどうかはわかりませんが)

(全員有名人ですが名前思い出せません。)

NHKホールかどこか小さいところのライブでした。

知る人ぞ知る一流メンバーだったので、来ている人はみなその筋というか業界というか、いつものコンサートとはまるで雰囲気がちがいます。

かなり前の方で見られたので大迫力。ドラムなんか最高!ひゃーッツ!

24もちろん抜群のテクニック。当時では最高のレベルです。

でもこのバンドは商業的には成功はしませんでした。

黒人のギター、すこしヤボッタイけれど好きなギターの一人です。

だれか見た人、ご連絡を。

土曜の朝

Img_1206

☆ヒマワリ危機!虫にやられた~スプレー掛けました。(ひまわりかどうかわかりませんが、だれか教えて下さい)

Img_1198

☆バジルは元気。

バジルの葉っぱを一枚、手のひらでぽんぽんと。

とたんに青臭い香りが。

遠まわりながらも、挑戦的な香り。元気の出る香りで大好きです。

Img_1202

☆トマトもいいカンジ。

Img_1210 Img_1212 Img_1213 Img_1216

☆となりの畑。うらやましい!

こののどかな風景のとなりにはクラブというかスナックというか、店舗が数軒あって夜中まで大騒ぎ。すごいミスマッチ?

川へ行こう!?

Img_1186_3 Img_1188 Img_1191 Img_1189

カメラの設定をまちがって少し重たい画像になってます。すみません。

☆ショップへ製品も送って一区切りついたので、ほんとに久しぶりに川へ遊びに行こうと

支度をしたら、朝から雨です。今日は見送り。

画像は上から、いつものパラシュートフライ、ナガグツ(バカ長なんていいますが)を洗って干して、フライボックス、10本ほどは作りましたが、去年のまま。地味なフライばかり。

長野県の川上村、千曲川、相木村、相木川、近くでは山梨の須玉川、大武川などどこかに行ってみようかなんて予定していて、少し残念。雨があがったら行く予定。

☆ショップについては次回紹介予定してます。

新作も少しずつ進めていますが、いまいちぱっとしなくて...........。

☆プレゼントもまたやります。宜しくお願いします。

☆シルバーアクセはギャラリーワイプロで! 

今朝のトマト

Img_1158

☆シルバーアクセはギャラリーワイプロで!

ピンボケですが。

Img_1152

☆ちょっとピンボケです。新作。左が鐘モチーフ、右はクローバー。

石のカラーのパターンはいろいろ試すつもりです。

またちゃんとした画像掲載します。

☆現在、ショップ出店準備中。北海道のお店です。

なつかしのロックな話#11

♪話はまたまた前後することになりますが。

サディスティックミカバンド。後に嫁と別れてしまうので(加藤和彦さん)サディスティックスになりますが。タイムマシンにお願い~♪いい曲でした。やはり後楽園で見ました。

当時日比谷野音に加藤さん(帰ってきた酔っ払いのあの人、もうわからないかな~)は真っ白のロールスロイスで来てました。ちがうな~。ギンガムというPA会社、いち早く立ち上げたようでしたが。

最近また再結成していましたが今ひとつ盛り上がりにかけたカンジです。

やはりオジンなカンジは拭えません。技術よりビジュアル?

当時はたしかイギリスツアーなんかもして日本のバンドとしては世界にでていった初のバンドだったような。好きなバンドでした。ギターは高中。

高中さんは日本ではギターでツアーができる数少ないギタリストです。寺内たけしさんにはかないませんが?ベンチャーズはなぜか今でも甲府にツアーに来ますが。

その昔浅草方面でコンサートがあって初めて高中正義ライブ見ました。

アルバム2枚出したくらいのころ。マンボ#5最高でした。

当時は鎌倉由比ガ浜によく遊びに行きましたが、いつも高中をテープで聞きながらウォッカなんか飲んで昼寝をするのが最高の贅沢。いい時代でした。

ハーフトーンのストラト、乾いた音で。日本はもっと湿っているのでたいへん。

影響されていろんなアンプも買ったりして。

ストラト命でしたが、今はバレーアーツにブギーアンプ。カールトンか?欧米か?

つづく!

なつかしのロックな話#10

☆ディープパープルの快進撃はまだまだ続くわけですがそれはそれで...........

自分は高校生の時ライトミュージック(ヤマハ主催)の甲府の地区予選みたいなやつに出て赤っ恥をかくことになりますが、その時の曲がパープルのストレンジカインドウーマン。

イントロがテンポとれないよ~。

王様、前も書いてますがだれかわかっているでしょうか?

多分武道館のたまねぎのギター?

あのギター弾きです。わからない人は調べてください。

ストレンジカインドウーマン。王様はみんなを敵にまわしてボロクソでした。ほんとは凄くスキなんでしょうが。(変な感じのオンナ♪奇妙なオンナ♪たしかにそんな歌ですから)

ユライアヒープも武道館で見てますが。不思議とハイトーンでコーラスをするロックバンド。

歌声がきれいなバンドです。前座に日本のバンド、ヒープのコピーみたいなバンド、これを出すこた~ないだろ~て話ですが。客からは引っ込めなんて怒号も。

バンド名はわすれましたが、当時銀座ナウという番組のレギュラーもしてました。

ギターはクロちゃん、黒沢さんだったと思います。当時としては抜群のテク、SGをくるくる回すのが売りでした。(後になってこのプロダクション、川崎?に自分たちも所属したりしますが、一度も事務所に行ったこともなければ、社長にあったこともありません。少し元気のないマネージャーが顔を出しただけですが)

当時はクラブやデスコやらそれなりにへんな仕事がありました。

クラブバンドなんて言葉がある時代だったのかもしれません。(業界ではハコバンドといってましたが)

☆たくさんバンドを見ることになるわけですが。

まさかジミヘンはもういなくて見れません。ジャニスも。

ドゥービーブラザーズやらテンイヤーズアフターのアルビンリーやら意外とフリーが新メンバーで来たり、エマーソンレイク&パーマーやらまだまだいろいろ...........

後にはとうとうストーンズも見られました。ミックにキース、ロンウッド、ほんとはドラムが大好きですが。スネアを叩く時に右手のハイハットを叩くのをやめるのはこの人だけでしょう。しかも曲によっては普通にハイハット叩いてるし。なにこのこだわり?

ほんとに興奮したのはボブマレー、レゲエの神様、撃たれて死にますが。随分後になりますが。これを見られたことは自分の財産です。凄いライブです。ヘビメタ以上です。ゆったりレゲエなんかじゃありません。ドラムの出だしだけで鳥肌が立ちました。めちゃくちゃ攻撃的な演奏。ドラムは歯を食いしばって叩いてました。必死で叩くとあのビートが生まれます。

後大好きなジェフベック、ベックボガード&アピス?は見てませんが、スタンリークラークと来日した時は見にいけました。今でも活躍してますがホントにギターバカというか凄い!

だれかベックに賞をあげて下さい。

つづく!

なつかしのロックな話#9

♪ディープパープルのキーボード、ジョンロード?あってる?

ハモンドオルガン。これが自分は大好きな楽器です。おおげさなやつですが。

電子オルガンと思う人も多いかと。とんでもない。

確かに電気で鳴ってます。でも電気で動かしているのはモーターです。フイゴの原理でモーターが風を送ってリードを鳴らしてます。(違っていたらごめんなさい)

自動のアコーデオンみたいな。

パイプオルガンの小さいやつと思ってくれたらいいのかも。

そいつをマーシャルにつないでバリバリ音を歪ませたのがこの人です。

ユライアヒープが先かはちょっとわかりませんが。ソールズベリーなんてアルバムがあって。

しかも三度抜きでギターと左右から歪んだコード。もう古い古い話で書くのもはばかられるような。

三度抜き?ドミソのミがないのでメジャーかマイナーかわかりません。無機質な音ができました。これを大音量で弾くわけで。今ではこんなことかくのはちょとはずかしい。

ギターでAmやらEmをポロンと弾いたことがある人は多いはず。Fはむずかしいけどね。

それだけだととってもマイナーなカンジ。あたりまえ。

Amでもハイコードでリズムをつけてガチャガチャやるとだんだんただのマイナーではなくなっていきます。それを三度抜き。ヘビメタの夜明けでした。

もっとも、以前にジミヘンやらクリームやらみながやってはいますが。

当時音楽の先生が好きなレコードを持ってきなさい、なんて言うので、よせばいいのに、マウンテンを持っていったらみなに聞かせました。すごい不機嫌。先生。こんなのは音楽じゃありません!すみません。路線にそぐわなくて。私がわる~ございました。へへ~ッ!

つづく!

なつかしのロックな話#8

☆ディープパープルのリッチーブラックモアです。

なにやら裕福そうな名前です。(関係ないか)

ストラトキャスターをバイオリンに近づけた男と自分ではかってに解釈しています。

多分もともとがスパニッシュギターかクラシックギターを習っていたギター少年だったのかななんておもってますが。イアンギランが参加する前までは少しヤボッタイギターをひいていました。突然あかぬけた。インロックで。なにがあったのか。あのバンド。

ブルースを弾いても凄いスマートな...........?

ライブでの弾くポーズもすごい。まるでバレリーナ。ぴっちりの黒い革パンかジーンズだったか、とがったブーツ、片足をのばしたままほとんど床にはりついたようなポーズで弾きまくり。何なんでしょう?だれがそんなことを彼に............?

(そんな子に育てたおぼえはないよ..........母が.......言ってませんが)

当時はギターのエフェクターなどまだあまり開発されていなかった時代。

みな独自にいろいろ試していたはずです。

リッチーはストラトにマーシャルアンプ。たしかオープンリールのテープレコーダーをはさんでアンプにつないでいたとか。自分でも試したことがありますが、入力を少しオーバー気味にすると歪んだカンジが独特でした。エコーにもなります。でもレコーダーはこわれましたが........

ギターにも工夫をしていたとか。

フレットとフレットの間を削ってへこませて弦のびびりをなくしていたらしい、なんてウワサもありました。まるでシタールです。

それでかどうか、すごいつややかな音をだしてました。ふつうには弾けそうもありませんが。このへんがバイオリンに近づけたなんていう理由ですが。つづく!

トマトの苗70円!

Img_1130 Img_1131_1

☆今度はトマト。

昨日の母の日に墓参り行かなかったので今日ぼ~っといってみました。

歩いて30分位なので最近はなるべく歩いて行くことにしています。

帰り道、通りでトマトの苗売ってました。70円です。

小さいトマトですか?と聞いたところ、お姉さんが笑いながら、たぶん、と答えました。

そんな商売もありか、なんて、なんせ70円ですから。

早速植えてみましたが、どんなトマトができるのか、かえって楽しみになりました。

収穫のときはまた掲載します。

なつかしのロックな話#7

♪ディープパープル

大変なバンド。当時はハードロックなんて呼ばれてました。

今でのヘビメタ元祖。商業的に大成功したバンドでしょう。

ちょっと王様?が冷やかしたのはもう随分前になりますが。火の粉がぱちぱち♪

☆ディープパープルはイアンギランが参加したインロックの前は間違っていたらすみませんがエルビンビショップという中低音の太めのしっかりした声のヴォーカルがいました。

(まるで違うという指摘がありました。すみません)

ハッシュなんていうシュマッシュヒットがあったかと思います。

しかしやはり低めのヴォーカルはロックに似合いません。

だれが提案したのでしょう。イアンが登場します。

やっぱりハイトーンでシャウトしてなによりクレイジーでなけりゃ~なんて販売会議したのでしょうか。

武道館では2回コンサートみました。

別の時期に2回来日しています。

一度目はライブインジャパンというアルバムにもなって大成功しています。

2回目は最低でした。どさまわりでした。ヤケみたいに。それが最後でしょう。

☆ブラックモアは大好きなギター弾きです。次に書きます。つづく!

なつかしのロックな話#6

♪ディープパープルの話にいきたいところですが、少しだけツェッペリンのこと。

ロバートプラントは特別な存在でした。容姿もそうですが不思議なヴォーカル。本人はプレスリーに憧れてなんてあとになって話してますが、あまりプライベートは語られません。

子供が亡くなったりしたようでしたが、大きな牧場で暮らしてるとか。

千代の富士の子供が亡くなられた時もロバートプラントを思い出したくらいです。

ジミーペイジのギターも不思議。ブルースからということですが、不思議なブルース。

曲作りやプロデュースなどに才能を発揮したのでしょうか。

ボーナムのドラムは圧巻。ダイナミックで独特のタイム感覚。重たいけれどもたれてはいません。最近ではコンピュータの打ち込みでなんでもできますが、このドラムはちょっと再現するには大変そうです。残念です。亡くなったことは。

生で聞けたことは幸せでした。つづく!

なつかしのロックな話#5

☆昼寝から覚めました。明日からはいそがしそうなので、きょうは息抜きです。

ツェッペリン、ジミーペイジはやっぱりバイオリンの弓を持ち出しました。

ギブソンのバリバリサンバーストのレスポール、弓で叩いたりこすったり、音も右に左にパンして、今思えばたいした話じゃないけど、なんか楽しかったな~。

やっぱりシメは天国への階段、ステアウェイトゥへヴンてやつ。神々しい。ロボのヴォーカルはカワイイんです。純なカンジ。ロッカーはじつはかわいいということが大事だ。

個人的にはデビューシングルだと思いますが、グッドタイムバッドタイム、コミュニケーションブレイクダウンが今でも最高だと思います。ビーズなんかそっくりなカンジ。怒られるかな、ファンに。イアンギラン、ほんとはリッチーブラックモアの話が書きたい、次です。

つづく!

なつかしのロックな話#4

♪♪♪続きはあしたにしようかと思っていましたが、知り合いからもらったちょっといい酒、山崎12年を昼から飲んでいたらまた、書きたくなりました。だれか止めれ~。

☆ツェッペリンです。あの。良く覚えていませんが、ある時、チケットが余ってるなんていう話があって、分けてもらいに行くとなんと同じ高校の同級生、なにかの懸賞で当たったようです。でもしっかりお金も払って。

当時の仲間3人位で武道館に行きました。甲府から新宿まで中央線で2時間くらい。

平日だったので、午後から学校抜け出して出かけたと思います。

☆グランドファンクからは少し時間は経っているはずです。

ツェッペリンも4枚目のアルバムを出す前で、そのツアーだったようでした。

はじめてブラックドックを聞いたと思います。

3枚目のアルバムのシングル、移民の歌は凄い売れようで、良く行くレコード店に同じ日に2回行ったような記憶がありますが、午前中には凄くあったシングルが午後にはもうほとんどなくて、こんな田舎でも凄く売れてる、びっくりです。

武道館には初めて入りました。自分はたぶん、ライブ以外で入ったことはありません。

☆いきなり移民の歌で始まりました。ア~ア~ア~!

でもレコードよりはトーンは少し低め、やはりいろいろあるんだな~なんておもったりして、でもバンドは最高、ジミーペイジだし、ジョンボーナムだし、ジョンポールジョーンズだし。

後は良く覚えてません。BZの二人はどうしてたのかな~なんて。生まれてない?

ジョンボーナムのドラムはもう聴けません。いいドラムでした。フーのドラムもいませんが。

つぎはディープパープルか?イアンギラン?つづく!

なつかしのロックな話#3

☆あまりにも古い話で、記憶もちょっとあいまい。自信はないけれど。

グランドファンクよりたぶん前になるかも。

今はまた地元山梨の甲府に帰って長くなりますが、その当時、まだ日本語でロックができるかどうかなんて時代です。キャロルがまだいません。(いたのかもしれませんが知れてません)

甲府の県民会館でコンサートがありました。ほとんどフリーコンサート。300円位かと思います。

出演者。ハッピーエンド、遠藤けんじ、鈴木慶一はちみつぱい、頭脳警察、ブルースクリエイション(これは別の時かも)まだ他にもいたような.........

PA機器もまだなく、会場のマイクのみなので、演奏だけはやたらと大きく、歌はあまりききとれないことも。

まだ、だれも売れていなくて、スタッフが帽子でカンパをと、会場をまわってました。

あのハッピーエンドは風街ロマンのアルバムは出していたか、出す前か、曲はそれ中心だったと思います。少し前にまたこのアルバム脚光を浴びたようでした。

松本隆(のちに聖子ちゃんの曲などで大ヒットしますが)、大滝えいいち(この人ももちろん作曲、プロデュース、ソロ、あの北国の~?...なんとか、思い出せません、すみません、大好きな曲の)鈴木茂(かっこいいカッティングのギター、のちに影響されて自分もギター弾きを数年しましたが)細野晴臣(もちろんのちのイエローマジック)、こんな人たちががんばっていました。それで、今があるのはまちがいないことです。

この人たちが後にユーミンのレコーディングに参加して、あの有名な飛行機雲なんかを録音することになりますが。

はちみつパイはすごくサイケデリックなかんじ。ぞくぞくしました。慶一さんも今では知る人は知る........

でも会場はがらがらでした。入った時、遠藤けんじさんがカレーライス♪をしずかに歌っているところでした。

頭脳警察のパンタさん、後にソロアルバム出しますが、今はどうしているのでしょう。

あまりに時間が経ってしまって、勘違いもありそうです。なにかご指摘などあったらどうぞ。

次はツェッペリンの話。つづく!

なつかしのロックな話#2

なつかしのロックな話#2

グランドファンクの背の高いドラム、名前忘れましたが、結構ノリノリで、演奏中ステージの前まで走って出てきて雨でぬれていたのかおもいっきりころんでしまっても、めげずにもどって ドラム叩き続けました。かみなりゴロゴロ最中。

今では日本は音楽、映画など、大きな市場になって、最近では,スパイダーマンなどでも世界で一番早く上映されるそうで、映画でも外タレもいち早く目をつける国になりました。

当時のバンドはどうだったでしょう。わけのわからない田舎に巡業に、なんて感じだったでしょうか?でもプロモーターの人達はわかっていたのでしょう。

一所懸命のグランドファンクはサービス精神いっぱいで頑張ってました。

のちにレッドツェッペリン、ディープパープル、ユーライアヒープなどのバンドを見ることになりますが、少し時代をさかのぼります。(30年以上も前の話です)つづく!

なつかしのロックな話#1

♪とりとめのないなつかしのロックな話 #1(少し酔って書いてしまいました)

結構歳くってることはなんとなくわかる人にはわかる話かと.......自分。

日本に外タレ(死語かも)ロッカーが来たのは1970年代?1960年代?

たしかブラッドスウェット&ティアーズあたりが最初。

もちろんもっと前にビートルズも来たり、ベンチャーズ、そんな季節もありました。

それからフリー、ポールロジャース、今でも元気。すごい。ときどき尾崎キヨヒコさんに似てるな~なんて思ったりもしますが。クイーンのボーカルで来日してるはず。バッドカンパニーなんて幻のバンドもあったりして。

でも、自分がはじめて見た外タレはグランドファンクレイルロード、多分日本ではじめての後楽園野外コンサート。ボーカルマークファーナー。

前座は日本のバンドで、名前は忘れたけど、ジャニスジョプリンのコピーバンドと当時売れていたマシュマカーン(ロックというよりポップス系、実力はあった)、だったと思う。ギターは井上孝之さんだったかも。

思い出しました。麻生レミ、ジャニスの日本版。どうしているのでしょう。当時としては、コピーでもうまければ注目された時代でした。司会は糸井五郎さん。ラジオでは有名でした。

(次はマッシュマカーン!という糸井さんのコール、今でも耳に残っています)

後楽園のグランドファンクのライブは後々伝説のコンサートになっているはず。

マシュマカーンというバンドは意外とインプロビゼーションに力の入ったバンドで、ボーカルがフルートを吹いていました。

突然強風が吹いて、ステージ前のボードが飛ばされたかとおもうやいなや、雷が鳴り始め、なにやら荒れ模様。当時は後楽園はもちろん野外です。

グランドファンクが登場してからすごい雷雨、遠くのビルに雷が落ちるのも見えるほど。

照明に照らされた大粒の雨がガンガンと!

なにかすごい演出です、自然の。当時はそんな経験の少なかった時代、みな、興奮していました。ハートブレイカー♪名曲です。孤独の叫びも。

結構あとになってアメリカンバンドという曲でまた大ヒットしました。

後年、あのライブ、実際は演奏していなくて、テープだったなんて話も聞きました。

でも、マークのばりばりエコーのかかった(最近のカラオケみたいな)ギターは、間違いなく東京の雷鳴響く空を引き裂くかのように負けずと響きワタッテいました。

グランドファンクレイルロード、大地に根ずくファンキー鉄道?解釈間違ってるかもしれませんが。アメリカ的です。マークはたしかインディアン系だったとか。

バスドラムとベースのコンビネーション、ドカドカドカドカ低く響いて、ハイトーンの澄んだボーカル、宇宙的な空高く舞うギター、アーユーレディー?いい曲でした。つづく!

バジル&パセリ&.....

Img_1128

☆バジルの種、いつものホームセンターにはなぜかなくて、苗で植えてしまって...........

Img_1129

☆ついでにパセリの苗も.......種は前に撒いていますが。

Img_1122

☆毎年庭に自生する野生の朝顔。小さい紫っぽい花が咲きます。

Img_1124

☆梅ももう少し?

☆来月はショップに製品を置いてもらうことになりそうです。

また報告しますが。

☆新作は来週には試作品、掲載できそうです。

☆マジックガーデンでのプレゼント企画、応募してくれた方、ありがとうございました。

いろいろめんどうな手続きなどもあってか、低調でした。

こちらのワイプロサイトで実施したほうがよほど盛り上がるのにと、反省しきりです。

次回はこちらでなにかまた計画します。その時は宜しくお願いします。

ヒマワリの芽と新作のペンダント

Img_1105

☆今日のひまわり......のはず?

Img_1108

☆久しぶりに新作の製作中。クローバーのつもりですが。

石はのせてあるだけ。

☆プレゼント企画は明日で締め切りです。

下の下をご覧下さい。

シルバープチネックプレゼント明日で締め切り!

☆下をご覧下さい。

プチネックプレゼント明日で締め切り!

Img_1016b_1

☆プレゼント企画明日10日が締め切りです。ぜひご応募下さい。

画像のジルコニア付きシルバープチネックレスを5名様にプレゼント。

ご応募はマジックガーデンワイプロサイトからお願いします。

ギャラリーワイプロも宜しくお願いします。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31