無料ブログはココログ

ウィジェット

« パンフレット? | トップページ | ちょっと好きな歌 »

北斗七星リング

001b

このところ少し人気の北斗七星リング

これはチェーンを通してネックレスにという注文で

 

ブルームーンストーン、カーネリアン、アクアマリン

 

K18ホワイトゴールドで

 

以前も書いたような気がするけれど

 

ホワイトゴールドというのはちょっと不自然?

 

ゴールドはイエローなのだから無理やり白くするのは変な気がする

割り金(パラジウムなど)のこともあって、そんなに白い地金は難しい

 

それで、基本、ロジウムメッキで白くなる

 

これは一時期問題になったが、ヨシということになった

だれがヨシにしたのかは良くわからない

プラチナ製品も、ロジウムメッキをすることが多い

 

確かにプラチナは柔らかいので

 

表面をコーティングするのはイイかもしれない

 

でもなんか違和感を感じるね

 

シルバー、ホワイトゴールド、プラチナ

同じロジウムコーティングすることがあるけど

 

あまり違いがわからないね

ちょっと歯がゆい

 

 

 

画像のト音記号のペンダントはオーダーで作って

 

自然消滅?いらないということでしょう 来週ロジウムメッキして

 

友人にあげようかと よくある話 どうってことはない

筒型ペンダントは、やはりロジウムメッキをしてから

 

UV塗料を入れてみようかと

北斗リングは来週K18、ルビーも制作予定

☆気になっていた伸坊さん(字あってる?)ヨット

失敗に終わった でも無事で良かった

 

いろいろ言われるのだろうが(マスコミ)

伸坊さんは嫌いな人は少ないと思う

また挑戦したらいい いや、もうしなくてもイイかも

シルバー・銀 現在27位 6/22

オリジナルシルバーアクセサリー&オーダーメイド Gallery Y-pro

 

« パンフレット? | トップページ | ちょっと好きな歌 »

「ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

K18ゴールドは銀と銅を混ぜた合金 銀と銅の割合で黄色いものから白っぽいいものといろいろです 25%が割り金なのでK18 純金はK24です 純金の製品もありますが、一般的には材質の問題(やわらかすぎる)であまり加工にはむきません。ホワイトゴールドというのは白金ではないと思います。割り金にパラジウムを入れたもの、ニッケルを入れたもの、いろいろです。基本的にはそれほど真っ白にはなりません。で、ロジウムメッキをするのが一般的です。ホワイトゴールドの不思議です。パラジウムをたくさん混ぜることで白っぽくはなるかと思います。パラジウムは割合高価なのでそれなりになってしまいます。外国の製品ではロジウムメッキをしなくても白っぽい製品もあるようですが、そもそもゴールドを白っぽくする意味があまりわかりません。(個人的な意見ですが) 高価なプラチナの変わりということもあったのかもしれません。現在ではゴールドの高騰からあまり意味のないことのような気がします。プラチナが白金ということでしょう。プラチナは一般的にはプラチナ900で、一割を割り金を混ぜています。これもパラジウムやニッケル割などいろいろです。プラチナも純プラチナでの加工は難しいかと思います。やはり柔らかさから加工、磨きなどが難しいからかと思います。製品もなくはないのですが、あまり勧められません。地金の価格等については先日アメーバブログに掲載しました。
http://ameblo.jp/ordermadeypro/entry-11557805683.html

ホーさん 釣りの記事もアップしましょうね 楽しみにしています こちらは釣りはぱったりです 川岸を歩きたいです 飛行機を作っています ムサシノ模型
音楽はパフューム ジャズスタンダード 平原あやか サカナクションですか
またネ

辛坊治郎さんですね。

プラチナ 白金 シャンパンゴールド・・・・・・・・ホワイトゴールドもあるの?
違いがよく分かりませんね。
プラチナ=白金かと思っててあけど、ホワイトゴールドなら=白金だし???

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104717/52131456

この記事へのトラックバック一覧です: 北斗七星リング:

« パンフレット? | トップページ | ちょっと好きな歌 »

最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31